学校経営


令和3年度 学校経営
 

 

1 学校教育目標

【基本目標】

 夢や希望をもち、学びいそしみ、心をみがき、いつも明るい元気な吉田っ子

【具体目標】
  なかよく(徳)  
    ①返事や挨拶ができる子
    ②人も自分も大切にできる子
    ③友達と協力して活動できる子

  かしこく(知)  
    ①夢や希望をもち、粘り強く、意欲的に学習する子
    ②課題解決に向けて、自ら考え、判断し、表現する子
    ③学びを生活に生かし、創意・工夫する子

  元気よく(体)
    ①進んで運動し、体と心を鍛える子
    ②失敗や困難に負けず、強い心で挑戦する子
    ③自ら考え、判断し、命を守れる子

 

2 学校経営の方針

【基本方針】 「笑顔かがやく学校」を目指す。 
       
【具体方針】 ープラス志向でー

 (1)本校の実態を生かした教育課程をマネジメントし、「確かな学力・豊かな人間性・健やかな体」をバランスよく育み、自立し共生できる児童を育成する。
 (2)教育への情熱・専門性・人間性の向上に努め、職員一人一人の特性を生かした全職員参画による組織的で活力ある学校づくりを推進する。
 (3)危機管理と環境整備に努め、安全で安心な学校づくりを推進する。
 (4)家庭や地域、西中校区小・中学校、関係諸機関との連携を深め、地域とともにある信頼される学校づくりを推進する。                   


3 今年度の努力点

(1)確かな学力の向上   
①指導体制や個に応じた指導・支援を充実し、基礎的・基本的な知識・技能の習得を図る。
②体験的な学習や問題解決的な学習を効果的に取り入れ、思考力・判断力・表現力等の育成に努める。
③ICTを有効活用しながら、やってみたい・わかる喜び・できる喜びを実感できる指導を工夫し、主体的な学習態度を養う。
④「学習ルール」の実践により、学習習慣・学習規律の定着を図る。
⑤学力向上計画の組織的な取組に努める。
⑥「家庭学習の手引き」や学びアップウイークを活用し、家庭学習の習慣化に努める。
 

(2)豊かな人間性の育成
①人権教育及び道徳教育を核として心の教育の充実に努める。
②よりよい人間関係づくりを基盤とし、個や集団が育つ学級経営に努める。
③積極的な生徒指導と児童の心に寄り添った教育相談に努める。
④自己目標をもち、自己理解・自己実現を図るキャリア教育の充実に努める。
⑤特別支援教育の視点に立ち、一人一人に応じた指導・支援の充実に努める。
⑥いじめや不登校、不適応や問題行動の早期発見・早期対応に努める。
⑦地域の人や文化、自然を活用した教育活動を通して、郷土への誇りと愛情を育てる。

(3)健やかな体の育成
①体力向上プランの組織的な取組に努める。  
②運動に親しむことができるよう、体育授業の充実、体を動かす機会の工夫に努める。
③健康教育や食育の充実・家庭との連携により、基本的生活習慣の確立や健康の保持増進に努める。
④安全教育、感染症対策に関する教育の充実により、危険予知能力、危険回避能力の育成に努める。
 
(4)活力ある学校づくり
①学校教育目標実現のために、本校の実態に応じた特色ある教育課程のマネジメントに努める。
②互いの特性を認め、学び合い、高め合うことのできる教職員集団づくりに努める。
③話し合える、相談できる、風通しのよい職場づくりに努める。
④人事評価制度を適切に活用し、学校経営への参画意識を高めるよう努める。
⑤校内研修を核として職員研修の充実を図り、教職員の指導力向上に努める。
⑥服務規律の確保を徹底する。
⑦働き方改革の推進に努める。

(5)安全・安心な学校づくり
①学校安全マニュアルの共通理解により、危機管理の徹底に努める。
②学校施設整備や通学路の安全点検を徹底し、問題点への迅速な対応に努める。
③適切な予算執行により、教育環境の整備・充実に努める。
                 
(6)地域とともにある信頼される学校づくり
①学校Webページや各種通信等により、積極的な情報発信に努める。
②学校評価・学校評議員会を活用し、学校課題を把握し改善を図る。
③地域人材やSSVとの活動を通して、地域の自然や文化・歴史、よさを生かした教育を推進する。
④西中校区小・中学校との連携を推進し、系統性ある教育活動に努める。
⑤児童のよりよい成長をめざし、関係諸機関との連携・協働に努める。

 

令和3年度吉田小学校の教育 → R3吉田小グランドデザイン.pdf