校章の由来
                 

校章の由来
昭和50年11月18日制定
考案者:丸山 道則
富岡市南蛇井2170(現在は、東京都在住)
校章の由来


地名の吉田の「吉」(青色)と小学校の「小」(白色)の2文字に、3本のペン先を組み合わせたものである。
「吉」の青色は、清新な心で躍動する児童の姿を表現し、3本のペン先はそれぞれ「知育」「徳育」「体育」を表現している。